凡人ネットマナー

基本的にはリンクフリー

WWWは原則的にリンクフリーの世界です。

リンクの際に連絡がほしい場合や、トップページにリンクしてほしい場合、 サイト上でそのような意思表示はできますが、強制力はありません。

ですから「無断リンク禁止」と書いていてリンクされたり、 「リンクはトップページにお願いします」と書いていて他のページにリンクされた場合も、 相手をいきなり責めるようなことは慎みましょう。 あなたがサイト上に一方的に書いた要求を、全ての人が聞いてくれるとは限りません。 また、リンクは自由にできるものと考えている人の中には、 リンクする際に、そのサイトのリンクについて書かれたページを 一々見ない人もいます。

リンクを外してほしいという要望は、他人のサイトのページに口を出すということです。 メールや掲示板で、リンクを外してほしい理由も添えてお願いしましょう。

それでもリンクを外してもらえなかったら、CGIなどでアクセス制限をしましょう。

ファイル名を変えるという手段もありますが、これは他の訪問者に迷惑がかかる場合もありますし、 相手がリンクを張り直せば同じことの繰り返しです。 尚、ファイル名を変えたのにリンクを張り直された場合も、相手を責めるのはやめましょう。 管理人として、リンク切れを修正するのは誉められこそすれ、責められることではありません。

ただ、サーバーによっては、外部からのCGIへの直リンクを禁止しているところもあります。 このような場合は、その旨を明記して、掲示板などのCGIへのリンクはやめてくれるように 書いておきましょう。 きちんと理由を書いていれば、お願いをきいてもらえる確率も上がると思います。 また、リンクしたいサイトにこのような注意書きがあった場合、 理由があってお願いしているのですから、きいてあげるようにしましょう。

次にリンクしたいサイトが無断リンク禁止だった時。 或いは「リンクはトップページに」と書いているけれど、他のページにリンクしたい時。

そのサイトの管理人と仲良くしたい場合は、お願いを聞いてあげた方が良いでしょう。

リンクしたいだけ、管理人と親しくなりたい訳じゃないし、連絡するのは面倒という人は、 自由にリンクするのもいいでしょう。 ただし相手に「サイトを公開している」という意識がなかったり、 自分の要求は受け入れられて当然だと思っている管理人の場合、 感情的に抗議されるなどのトラブルが発生する場合もあります。

ただしサイト内でフレームを使用している場合、 フレームの中に他サイトを表示させないように気を付けましょう。 これは場合によっては著作権の侵害になりますし、 訪問者も、リンク先のページもあなたが作ったページだと誤解しやすいです。

リンクする時のコメント文を書く時も、 リンク先が何のページなのか、訪問者に分かりやすいように書きましょう。

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO