凡人ネットマナー

お気に入り、ブックマークのページは自由

お気に入りやブックマークは、読んで字の如く、訪問者が気に入ったページや 頻繁にチェックしたいページを登録するものです。

「お気に入りはトップページに」など、登録するページを勝手に指定するのはやめましょう。

ブックマーク機能を使うPCというのは、自宅や会社など、その人がよく使うPCですね。 それなのに、そのPCの持ち主や使用者の利便性よりも、 そのPCを使いもしない管理人の都合が優先されるというのはおかしな話です。

例えば、あなたの書いた小説を気に入った訪問者がいたとします。 すると小説の目次のページにブックマークすると、 読みたくなればすぐに好きな小説を選んで読めますし、 新しい小説がUPされた時も、目次に追加されるのですぐに分かります。 それに対し、トップページにブックマークした場合。 「Enter」しかないページがあったりすると、「Enter」をクリックしてメニューページに行き、 次に「小説」をクリックしてやっと目次のページに行くのでは、 余計な手間がかかることになります。 これでは、本の一番最初のページに栞を挟み、そこから目的のページを探すようなものです。

トップページにブックマークすることを要求する理由としては 「カウンターを回したい」ということが多いようですが、 訪問者はカウンターを回す為に来るのではなく、コンテンツを見る為に来ます。 そして管理人も、カウンターを回す為にサイトを作ったのではなく、 コンテンツを見てもらうのが目的なのではないでしょうか?

どうしても数字が気になるなら、ブックマークされていそうな全てのページに カウンターやアクセス解析を付けることもできます。 人気のあるページも分かって一石二鳥です。

或いは、複数の魅力的なコンテンツがあれば、どちらも見たい訪問者は メニューページにブックマークするのではないでしょうか。

「トップページ以外はURLが変わる可能性がある」という人もいますが、 URLが変わるから、ブックマークしていた訪問者に迷惑がかかるのが嫌なら、 管理人はURLが変わらないように努力することもできるはずです。 恒久的に変わらないURLは難しいでしょうが、そう頻繁に変わるものでもないでしょう。

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO